破壊

昨日は、息子の入院している病院に行った後、
成瀬貴良先生のYOGAクラスに参加してきた。
ずっと参加してみたかったのだけど、やっと。。。
これも息子のおかげかもしれないなんて、
何でもそう考えるクセが最近ある。

ヨガのTTがそろそろ終わりに近づき、わたしはどこかで
かなり焦っていると思う。
口頭だけで誘導してゆくことは相変わらず下手だし
自分の練習さえ、もしかすると力ずくなんだと思う。
「下手」なんてことを思わないようにしているつもりだけど
どこかで、いや、かなりその思いを押し殺しているのだと思う。

そして、わたしは力ずくが上手なのだ(笑)


電車が事故で遅れ、バタバタと成瀬先生の前に
マットをしき、汗をぬぐうわたしの前で
先生は、ずっと静かに座り、目を閉じてらした。
いつも、多人数のクラスでヨガをしているわたしには
少し気後れしてしまうくらいの少人数。そして静けさ。

ゆっくりクラスが始まり、ゆっくり身体を動かしてゆく。
次第にどんどん内側に入り込んでいった。

「力ずくでやるのではないですよ。。。」
という先生の言葉に、ハッとし、どんどん力が抜けてゆく。
毒素がどんどん出てゆくような感覚。

アーサナの時に出来てきたと思っていた呼吸さえ
わたしは力ずくでやっていたのだと気付く。

とろけてしまう感覚と共に、身体が離れては
フワッと寄り添ってくる、を繰り返す。
感情がどこにも見当たらない。

身体のすみずみに新鮮な空気が流れ込み
細胞の隙間が感じられるようなそんな感覚。

シャバーサナの時だった。
先生の言葉を聞きながら、ゆったりとしているはずのわたしは
急に「地震」を感じた。
こんなに揺れているのに、何故皆は何も反応しないの?
恐怖で心臓が飛び出そうになる。
目を開けてしまった。
呼吸が乱れる。

再び、先生のゆったりとした言葉が聞こえ
そして「揺れ」もおさまった。
そして、わたしはまた心地よく。。。

あれはなんだったのだろう?

昨日は地震なんてなかったらしい。
そうか、自分で揺れていただけなんだ。

昨日、わたしの中で何かの「破壊」が起こったのかもしれない。

「力ずく」で頑張る何かが、飛び出していった「揺れ」なのだとしたら
なんて、ちょっと思う。

何かを手放すときは、
恐怖が付きまとうものなのかもしれない。
昨日は、味わったことのない恐怖だったが
すぐに過ぎ去った。

そうか、大丈夫なんだ。

と思う。

ところで、シヴァ神というインドの神様は
「破壊」の神。
昨日、わたしは出逢ったのかもしれない、なんて思ったりしている。
現状を「維持」してゆこうとしがみつくわたしに。
力ずくで維持してゆこうとするわたしに。

神がかりで大げさな意味ではなく、
ただ、そういうことが起こっただけなんだ。
[PR]
by normalin | 2010-11-25 09:47 | YOGA
<< クリスマスの日に火を灯す。 こころを開く >>