山本太郎全国街頭キャラバン・@渋谷・TPPの話、書きおこし②

つづき

だから当然、解雇しやすくなって、もう残業代もつけなくて、という企業の都合のいい労働力を使えば、企業の利益は上がるわけですね。で、どこで成果を判断すればいいかというと、企業の利益が上がったってことで、判断するわけですよ。ってことは、それは日本中に、やがて拡大してゆくってことなんです。
で、これは特区というカタチをとってますけれども、当然アメリカからTPPで要求されてきたことなんですね。
だから今、日本の政府っていうのはアメリカからの要求をTPPじゃなくて、
この国家戦略特区というカタチで実現しようとしています。
それはたぶん、アメリカの要求で通ったということになると、なんでアメリカの言いなりに?ということになっちゃうんで、日本が自ら変えるというカタチで、TPPを先行するカタチで、実際、もう特区というのが始まってます。
だから、これから労働者というのが、たぶん、一番苦しいことになるんですね。
そしてこのTPPの中には労働力の_というのがあります。要は、途上国から安い労働力が日本に入ってくるわけ。そしたら、企業からしたら、当然安い労働力の方がいいわけですから、安い労働力の彼らが雇用されます。そうすると、日本人の雇用がもっと奪われてゆく。
今でもなかなか社員になることができないのに、もっと雇用が奪われる。
で、雇われたとしても、その外国人__安い賃金じゃないと、雇ってもらえなくなる。
そして文句をいえば、”じゃ、君もう明日から来なくていいよ”という社会にこれからなってゆく。
そして、実際日本の政府はそれをやりたがっている。

こんなこと許していいんでしょうか?

で、これを止められるのは、もう自民党じゃだめなんですよ。
自民党、一応反対派の議員いますけれども、この間、聞きました。
”このままTPP進んで、国会で_反対してくれるんですか?”と言ったら
”いや、そんな自分の自民党が決めたことに反対なんかできない”と言ってるわけですよ。なんのために国会議員やってるのか、全くわかんないわけですね。
これを止められるのは、我々国民ひとりひとりの力しかないんです。
さっき太郎君が言ったように、我々ひとりひとりが、その政治家に働きかける。
じゃないと、もう、この国は動いていかないし、我々は、みんな、、、
日本総ブラック企業になっていきますんで、そこでいくら働いても働いても
それでも生活ができないっていう社会に生きていかなきゃいけないし、
子ども達をそういう社会、、そういう社会を遺していくっていうことになるわけですね。
ですから、みなさん、立ち上がるなら今しかありません。
がんばっていきましょう。よろしくお願いします。」
[PR]
by normalin | 2013-09-23 22:00 | 政治
<< 悲しむということ  ~映画 「... 山本太郎全国街頭キャラバン・@... >>