屋良朝博さんの講義文字おこし~標的の村上映会にて~②

以下、資料と共に講義の書きおこしです。

「みなさんにお配りした資料で、一番の最初の地図は沖縄基地の現状です。
e0150495_2053774.jpg

この地図に影が書かれている部分、これが米軍基地なんですが、この基地の75%が海兵隊です。
だから沖縄の米軍基地問題というのは、ほぼ海兵隊の駐留が大本を占めているということです。
ちなみに海兵隊がいなくなったらどうなるかというと、残る施設は嘉手納飛行場、トリイ通信施設、ホワイトビーチ、嘉手納弾薬庫、これだけです。だから、海兵隊がなんで沖縄にいないといけないというのが、沖縄基地問題を理解する上でキモになるはずなんですね。

次の資料をご覧ください。
e0150495_2105739.jpg

海兵隊というのは、海の兵隊と書くわけですが、海軍の船に乗っかっていろんな所を遠征する部隊です。
だから、一か所にずっと留まっているわけじゃなくて、回遊魚のようにグルグル回っているいるんですね。
沖縄に部隊は駐留しているのですが、彼らを運ぶ船は長崎県の佐世保です。だから、朝鮮島で何かがあった時は、長崎県の佐世保に配備されている船が沖縄に来るんです。で、そこで部隊と物資を載せて朝鮮半島に向かう、と。そうするといったん南下して北へ向かうわけでしょ?これって合理的な配備なのかな?ということがまず一点なんですけれども。
そもそも、海兵隊というのは拠点があるのですが、船乗ってアジア太平洋の同盟国をグルグル回っているんですね。フィリピン、オーストラリア、グアム、タイ、韓国、他にインドネシアやベトナムとか...そういう所をグルグル訪問するわけですね。だから、沖縄にいる部隊は、31海兵遠征部という名がついた部隊なんですが、年間のうち約9ヶ月沖縄にいないのです。これで、日本の安全が守られるのか?ということなんですけれども...
例えば、皆さんの最寄の警察署が、皆さん個人のお宅をずっと警戒、警備しているわけないじゃないです。その地域の警察が管轄している地域をパトロールして地域全体の治安を維持する。で、結果として、皆さん個々の安全が守られるということになるわけですね。海兵隊も同じようなコンセプトです。アジア太平洋地域を活動範囲としてグルグル回ってる、で、アジア太平洋地域が安定していれば結果として、日本も安全を守られる、ということがミッションなんですよ。
だから、沖縄に海兵隊がいれば日本が安全だとか、対中国で抑止力になっているとか、という説明をする専門家も沢山いますが、彼らは海兵隊の動きをほとんどわかってないと思います。
この地図は、ロシア、その下にいくとニュージーランドがあります。で、西はインド。この三角形を結ぶ線の中にある16ヶ国の国々と沖縄の海兵隊は交流します。だから、沖縄の地に海兵隊はほとんどいないのです。
なので、ワシントンからアジア太平洋地域を見た時の海兵隊の役割は、上はロシア、南はニュージーランド、西はインドという視野に広がっています。
ところが、日本の視野はどうかというと(沖縄基地と絡めた際に)東シナ海の尖閣諸島周辺にしかないんですよ。この視野の狭さ。アメリカ側から見ている太平洋と日本が見ているアメリカに対する期待というか、役割というものの認識のギャップ。これは恐ろしいものでありまして、これは必ず日米同盟を漂流化させるというか盤石に見ていても、実は中身はスカスカだったりするわけですね。

海兵隊の組織図です。
e0150495_2125635.jpg

沖縄の海兵隊は訳18000人いるとアメリカは説明しています。‘説明してる’というのは、実態はもう少し少なくて、だいたい12000~3000人くらいろうと、僕らはみています。
米軍再編で、これからどんどん減っていきます。
司令部があって、地上戦闘部隊、航空部隊、後方支援部隊、この3つの機能で動いています。
航空部隊、これは普天間ですが、どんな役割をしているかというと、地上部隊を前線に押し出してあげるという輸送部隊です。後方支援部隊も前線で戦闘行動に対して補給するという役割なので、この中でメインの部隊は、地上戦闘部隊になります。こういったものが海兵隊の主役です。
で、この下のイラストですが、それが米軍再編によって...僕はこの再編の中身を見て驚いたのですが...
沖縄の海兵隊は約1万人に減る。9000人くらいになると。で、グアムに5000人いるのですが、その中身に第4部隊というのがあります。これは歩兵部隊です。だから再編隊の主役が...中軸が、グアムに移ってしまうと。残るのは31MUEという、2000人で編成している小ぶりの部隊で、これが先ほどお話した遠征する部隊なのです。
31MUEという、これが沖縄に残ることになりますね。しかし、残るといっても、四六時中海外遠征しているので、ほとんど部隊はいない、(沖縄の基地は)スカスカになってしまう。オーストラリアにはローテンションで2500人、ハワイにも1500人、これも補給部隊で後方支援部隊の一部が行くと。
車でいえば、エンジン部分が行っちゃうという、そんな内容の再編成になっています。
にも関わらず、抑止力とかいう言葉が、相変わらず使われていると、
にも関わらす、中国の脅威に対しても、沖縄に海兵隊が必要だということを言っているわけですね。
実におかしな議論があるというわけです。」

つづく。
[PR]
by normalin | 2014-06-25 21:46 | 社会
<< 屋良朝博さんの講義文字おこし~... 屋良朝博さんの講義文字おこし~... >>