<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

さようなら

近頃の卒業式では「仰げば尊し」を歌わない学校が増えてきているとか。
その理由として、、、巷では
「先生が生徒に感謝の気持ちを押し付けるのはいかがなものか?」
ということがあるらしい。
確かに感謝をしろと強制するのはおかしいが
そこまで大げさなものなのか、と、この歌を当たり前に歌ってきたわたしは思ってしまう。
「いざ、さらば」
の部分は、涙でほとんど歌えなかったけれど。

今日は息子の卒業式であったが震災の影響で取りやめになった。
先週、帰宅できず学校で一夜を過ごした息子にとっても納得の状況。
あれから一週間。誰もが長い七日間を感じたことだろう。
先週のその時間、わたしは娘と家に居た。
扉を確保しつつ、テーブルの下にもぐっていたという娘と
「これで別れることになるかもしれない。」と、大声で娘の名前を呼んだ。
その時「さよなら」と言ったほうがいいかなと、思いつつ。。。
今となっては大げさな話だけれど。

地震。。。
わたし達は幼い頃から、この自然の持つ力を身をもって体験してきた。
そしていつか大地震がやってくるのだという恐怖を
「まだ、だいじょうぶ」と騙し騙しやってきた。

日本人は大昔から自然の猛威と恩恵の間で生きてきた。
優しく穏やかな恵みをもたらしてくれたその直後に、全てがさらわれてゆく。
そんな歴史を繰り返してきた。
もちろん、強い、と思う。
しかし、自然を人間に置き換えてみるならどうだろう。
頼るべき優しい人が急に牙を向く。
こんなに辛い矛盾に対処するには、それを見て見ぬふりをする、
いわば錯誤の状態にしておけば楽になれると考えたとき
災害の度に立ち直ってきた日本人の”強さ”は
「あきらめる」という意識が潜んでいるように思える。
「さようなら」にも似た感覚。
中国語の「再見」ではなくて、
英語の「Good Bye」でもない。
しかし、これは昔の話。
現代は自然と向き合っているだけではない。
今回の震災では、人災ともいえる原発事故が起こった。
今までの”強さ”だけでは無理だし、あきらめることも出来ない、してはならない。
現実を直視することがわたし達に求められている。

秩序正しいといわれる日本人の姿は、海外でも感心されているが
長所と短所は同居するものだ。
”スレてない”日本人はきっと純粋だろう。
けれど疑問を抱かず、ただ根拠なしに「だいじょうぶ」と、
毎日”キチンと”やり過ごしてゆくことだけに従事するのは、
もはや地球規模の罪になるかもしれない。

だからこの機会に「さようなら」を言わなければならないと思う。
これまでの錯誤の上に立つ”強さ”に。

「さようなら」は「そうであるならば」という接続詞が語源だ。

そうであるならば、、、

と続く未来はこれからわたし達、ひとりひとりが引き受けなければならない。
周囲との足並みを崩さないような強さではなく
崩してゆく”強さ”も必要になる、と思う。
そこに「秩序」が加われば最高だ。

そして、見て見ぬふりをしてきた「強制」にも、
さようなら、、、
[PR]
by normalin | 2011-03-18 22:50 | 雑記

GONZO ―ならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソン

人を好きになると、その人のフィルターを通して世界を眺めることになる。
すると、今まで大切にしてきたものがどこかへ消えてゆき
身体のある部分の風通しがよくなり、何を見ても新鮮だったりする。

たとえば、わたしはジョニー・デップが好きだ。
そのきっかけとなった作品は、

ラスベガスをやっつけろ [DVD]

東北新社


ラストのデップの表情はゾクゾクするほどイカれていてカッコいい。

この映画は、ハンター・S・トンプソンというジャーナリストの実話をもとにした作品で
デップ自身も、彼を尊敬しているということを後から知った。
そして、わたしもハンターという人に興味を持った。
だから、GONZOという映画はどうしても観たいと思った。
あのラストのイカれた笑みのヒミツを知りたくて。
e0150495_16223147.jpg


そして、わたしはジョニー・デップというよりも
ハンター・S・トンプソンが好きなのだと分かったのだけど(笑)

わたしは、道徳さと闇を抱えている人が好きらしい。
そう、両極端なものを天秤にしている人が好みなのだ。
いや、真実を突き詰めてゆけばそういう姿になるだろうと思ってしまう。
ハンターは、そんな感じの人だ。

しかし、その天秤の片方は、あまりにもはちゃめちゃな生活ということで
ハンターは、笑い者にもなっている。
彼の服装は、いつも短パンでとても奇妙。
e0150495_1651163.jpg

わたしには、それが当時のアメリカを表していたのではと思った。
アメリカをけなしているようであるが、実はとても愛していたのだとも。
当時政治に無関心だったヒッピー達を投票をさせるまで動かしたことは
愛がなければできないだろう。

ハンターは、アメリカの病を引き受けていたのかもしれない。
芸術家が社会の闇をその作品に表すように、
彼は、あまりにも無謀な生活を送りながら書きまくっていた。
それだけの覚悟はいったいどこから来るのだろうと思いながら。。。

それは、いつも「死」が背後にあったからだと、映画のラストで思い知らされた。

結局彼は自殺をするが、きっといつでも用意していたのだろう。
自ら命を絶つということは、罪深いのかもしれないが、
とても自然に思えたし、きっとそうしなければならなかったのだ。

『ラスベガスをやっつけろ』の中のデップの演技は
まるで芸人のようだと思った。
そう、ハンターは、どこかふざけているようでもある。
彼の書く記事は、真実の中に意味不明の表現も盛り込まれていたらしい。
それはあえてそうしていたのだろう。
真実をそのまま書けば、誰かが傷つくこともあるかもしれないから。と想像している。
映画の中の彼の顔は、穏やかで優しげであった。
とても色気がある人だった。
持論だが、死を直視している人には色香が漂っている。と思う。

だから本気で書いていたのだろう。
本気である人は、時に道化師のようにも映るのかもしれない。
それだけこの世に偽りが多いのだ。

ハンターは、30歳くらいで自分の葬儀を既に考えていたらしい。
まだ若い彼がカメラの前で、その計画を淡々と
いや、ふざけているようにも見える軽々しさで語っていた。
しかし、目は真剣だった。

そして、映画のラストは彼の葬儀の様子が映し出された。
ハンターが考えたモニュメントのてっぺんから花火が連発する。
最高だった。
拍手をしたくなった。
自分の顔がにやけていくのがわかった。
たぶん『ラスベガスをやっつけろ』のラストのデップの表情だった、と思う。
もちろん似てもにつかないけれど。
ちなみにその葬儀をプロデュースしたのは、デップであり彼の姿もちらりと映った。
あのラストの表情はデップのハンターへの愛でもあったのだろう。

「お前もやれよ。」
という言葉が聞こえた。
わたしは、ジャーナリストでも俳優でもないけれど、
何かやれる気がした。
いや、やらなきゃ。

とてつもなく真剣に。だが、軽く、、、愛を持って。
[PR]
by normalin | 2011-03-06 17:39 | MOVIES