<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Blue Moon

いつだったか、ダイエットを特集した番組で
部屋中を青くすれば食欲がなくなるからと
食べ物にまで青の色素を混ぜていた様子を見た。
それで体重が減ったかどうかは、わからないが
そこまでのことをするエネルギーがあったら、
もっと簡単にダイエットなんて出来るんじゃないかと思ったっけ。
何かを達成するために、回りくどいことをしてしまうのは実に滑稽だ。
けれど、わたし達は、そんなややこしいシステムの上に暮らしているのかもしれない。

それにしても、青いケーキとか、、、ちょっと”ありえない”。

今夜はブルームーン。
e0150495_18194933.jpg

ひと月に2度目の新月。とても稀な現象。
ブルームーンという言葉は、16世紀頃“非常にばかげたこと”として使われ
この“ばかげている”という意味から、
“月が青くなるなんてありえない”“決してない”(never)という意味が生まれたという。

しかしありえないことは、どんどん起こる。
社会の中でも、、、そして自分自身の中でも。
それを拒絶するだけで片付けるのは、なんてつまらないことだろう。
ただ”ありえない”からと。

経験は、時々邪魔になる。
それをアウトプットしようとするとき、
きっとどこかで”操作”してしまうような気がする。
自分を肯定するために。
その肯定は、時に、システムに組みこまれた自分であって、
他者から賞賛されたい自分であって、
そして、何より安心したい自分であって。

今、わたし達は誰も経験をしたことがない状況下にいる。
それが得体のしれない恐怖であることも否めない。
でも、だからこそ、肯定も否定もする必要がないのは
少し”楽”になれるチャンスかもしれない、と願いたい。

今日はBlue Moonだからね。
稀な日だから、稀なこと考えてみる。
でも、稀なことはそこいらに転がってるよ。
人との吸い寄せられるような出逢いだって。。。おんなじ。



ところで。
チェレンコフ光の青色は、吸い寄せられるほど美しいらしい。
こちらは、青いケーキなんかより、ずっと”ありえない”けど...


<追記>
7月は新月が2回という珍しい月でした。(満月は7月15日)今日は新月の2回目。
正しくはブルームーンではなかったですが、願いごとが叶うと言われています。

[PR]
by normalin | 2011-07-31 18:20 | 雑記

逃げること、逃げないこと。

最近、酢を使った料理が多くなった。
世界最古の医学、アーユルヴェーダによれば
酸っぱいものを多く食すと、批判的になるという。
わたしはもともとアナーキーな考えが好みであったせいか
震災から、より一層批判的な目線であったことは確かだし、
もしかすると、酢は欠乏による摂取かもしれないなどと逆説的に思いながら
今夜も酢っぱい料理を食べたくなったのを、とりあえずやめてみることにした。
何でも「過ぎる」のは良くないし。

ところで、ここへきてわたしは若い頃から興味のあった
ユダヤ人に関する本を再読している。
今までは彼らの歴史的背景にばかり気を取られ、
響いてこない部分も沢山あったものの、日本がこうなった今
彼らの生き方が、生々しく迫ってくるようになった。
危機に直面するのは悪くない。と、思う。

とはいうものの、ユダヤ人の歴史はずっと危機の中にあった。
想像するだけで疲れてしまう。
しかし、全ての五感を使い、身体全体で危機を感じ続けた歴史が、
世界的な天才を輩出してきたのかもしれない。

「渡り鳥の子3羽」というユダヤ人に語り継がれる寓話を見つけた。

渡り鳥が3羽の子どもを産んだが、寒波が襲ってきて
暖かい場所へ移動しなければならなくなった。
まだ飛ぶこともままならない子どもたち。
母鳥は、1羽だけ背中に乗せて逃げることにした。
3羽はそれぞれ次のように言った。
「お母さん、もし僕を連れて行ってくれたら僕は一生懸命働いて
お母さんを宮殿に住まわせ贅沢な暮らしをさせてあげます。」
「お母さん、もしも僕を連れて行ってくれたら、僕は一生懸命働いて
お母さんの面倒を心を尽くしてします。」
「お母さん、僕は努力はしますがどれほどのことが出来るかわかりません。
ただ、子どもが生まれたらお母さんから教わったことを子どもに伝えます。」
そして母鳥は3羽目を選んだという。

とてもかわいそうな話だが、ユダヤ人にとって「生き残る」とは
想像を絶するものだったことが伺える。
けれど、こういう寓話は日本には存在しないだろう。
日本の場合は「親孝行」話が好きだ。
そう考えると「かぐや姫」は少し異質で面白い。
可愛がって育てた子どもが遠い月へと帰ってゆくことは、3羽の渡り鳥のように
見返りを期待しないという意味だろう。

そして想像してみる。もしも、この渡り鳥の寓話を日本版にするなら
寒波の中、傷つきながら3羽を守り続ける母鳥の姿かもしれない。
それを”母性の美しさ”と涙をさそうかもしれないが、わたしはそうは思わない。
「子どもを産んでいない人は母性がわからないだろう」という人がいる。
それは違うと思う。
自分の子どもを守るのは単なる本能であって、母性ではないと。
そして、母性は子どもを持つ女性だけに備わっているものでもない。
もっと普遍的なものだと思う。

わたしは、見返りを期待しないことが母性だと考える。
この国にも見返りを期待しなければ、文句は出ない。
しかし再建したいと思うから、批判的になる。

ただ、この状況でどうしてもしてはならないのは
寒波の中、3羽の子を抱えて”共倒れ”することだと思う。
それは美しくもなんともない。
非情な決断も、また母性だと思うから。

んーー。
まだ酸っぱいものが抜けてないかもしれない。。。
[PR]
by normalin | 2011-07-05 22:30 | 雑記