<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

意識は永遠に…

娘が中学に入学した頃、娘と同学年のお子さんを持つお母さんと近所で出会うと


「お嬢さん、クラブはどこに所属しているの?」


とよく質問されました。


娘は、幼い頃から「解剖」に興味を持っていて「生物部」が充実している学校を娘が選んで受験し、入学し、迷うことなく「生物部」に入りました。

しかし私が「生物部」と答えると


「あら、文化系クラブなのね。お母さんそれでいいの?」

と言われたこともありました。

その意味がわからなかったので疑問に思い質問すると

「うちは体育会系じゃなきゃダメだと言い聞かせているから、そういうクラブに入ったわ」と。


こういうやり取り、1度や2度ではないのです。


娘の学校での保護者会で、顔合わせの保護者自己紹介の際にも

お子さんが、いわゆる文化系のクラブの方の中には

「文化系のクラブでお恥ずかしいのですが…」

と仰る方もいました。


何故、体育会系でなければならないのか?


と質問する私もかなりマイノリティなのかもしれないですが、


それは「就職する時に有利だから」


という答えが返ってきたものです。


昨年12月に自ら命を絶った女性(ご遺族は過労死であると訴えてらっしゃいます)、まつりさんのツイートを、私はたまたま読むことができました。

(現在は鍵がついています)

彼女の

「何故体育会系出身がもてはやされるのかわかった。」

というツイートには、体育会系はシゴキに耐えられるとし、しかしその中で生き残るのは元来タフである人間だけで、大半は崩れてゆくという内容のものがありました。




「いい会社」とはどんな会社のことを指すのでしょう?




辛辣な言い方ですが、「過労死」を作り上げているのは、私達親の責任でもあるのではないかと私は考えています。


子育ては、日々試行錯誤です。

間違いも、また、正しいこともないと私は捉えています。


子どもが病になっただけで、親は自分を責めてしまうものです。

親もとても弱い立場であると思います。

子供を庇護するという親の思いが、実は逆転していないかと感じることもあります。

そういう意味でも、自分の「弱さ」に気づくことも大切だと思っています。

そしてそれを受け入れた時、今まで自分が思い込んでいた様々な事柄からも、少しづつ解放されてゆくのではないかと考えます。


近頃の大学は親向けの「就活」説明会まであります。


「子どもが就活だから毎日喧嘩をしてる」というのを聞いたこともあります。

何故喧嘩をするのか、私にはよくわかりません。


もちろん「いい会社」に子どもが入社すれば「安心」だと思う親心は想像できますが、

果たしてその「安心」とは、誰がするものなのでしょう?


ところで、この頃心がざわついているのを感じるようになったのですが、それはたいてい「何かと比べている」か、「見えない未来」についてのことが多いのです。

(心がざわつくと呼吸が少し乱れるのですが、それはヨガの練習でわかってきたことかもしれません)


人はいつもこうやって何かと比べ、見えぬ未来を憂いでしまうことにエネルギーを費やしているのかと悲しくなります…

(けれども、それらに気づいただけでも少しだけ気が楽になることがあります。

※大切なことは、そんな自分を「責めない」ことです。)



そして「幸福感」とは、自分自身しかわからない、いえ、実は自分でもあまり気づけないものなのかもしれません。

幸福感…なんの「比較」もなく、あるがままを感じ、心が落ち着いている状態なのでしょうか。。。


先ほどのまつりさんのツイートの中に、職場の人と仕事の最中に外を歩いた時に、ふと感じた気持ちよさについて「幸せ」だと呟いているものがありました。


私は、そのツイートに少し救われたような気持ちになったとともに、涙がポロポロこぼれ出してしまいました。


こういうことに気づける心を持つ女性を失ってしまった悔しさです。

「退職する時に証拠を提出するためにツイートをやっている」というまつりさんの言葉。

そして、それが非公開になってしまったことについても憤りを感じます。


死は、終わりではなく、生きている者にとっての始まりだと思います。


だとすれば、まつりさんの意識は永遠で、そして過労死について、私達が考える大事な機会を無駄にはしたくないと思います。


私自身もまつりさんと同じくらいの娘、これから就活をむかえる息子に対して、正直、この社会の悪しき部分について恐ろしさを抱くこともありますが、その「恐ろしさ」の中身とは、その殆どが自分の中の恐怖に過ぎないと捉えるようになりました。


最後に、まつりさん、そして、親御さんへのお悔やみを申し上げ、親御さんの心のお痛みがほんの少しでも和らぐことがあるような社会になることを願いつつ、私も微力ながら努力したいと思います。


※過労死を作り上げているのは親の責任でもあると書きましたが、それは過労死をされたお子さんをもつ親御さんとを結びつけるものではありません。


[PR]
by normalin | 2016-10-15 12:19 | 社会